HOME > 展示会情報 > 2014年 メディカル事業部 展示会予定 > メディカル事業部 セミナー・展示会レポート一覧 > 第130回 中材業務及び感染対策研究会レポート

展示会情報

第130回 中材業務及び感染対策研究会レポート

 2014年7月19日(土)、大阪国際会議場グランキューブ大阪(大阪府)で開催された「第130回 中材業務及び感染対策研究会」へ出展いたしました。よく晴れて暑い中、メディコムのブースにもたくさんの方々に足をお運びいただき、誠にありがとうございました。

 感染対策に強い関心をお持ちの方が集まる会ということもあって、展示していた中では、洗浄剤ANIOSシリーズやニトリルグローブプロなどへご興味をお持ちいただきました。

  中でも印象的だったのが、『SMSプリーツキャップ』の大人気ぶりです。『SMSプリーツキャップ』は、不織布製のディスポキャップなのですが、今回はこちらへのお問い合わせが非常に多く、ご用意したサンプルが全て無くなってしまうほどでした。

  私どももとても嬉しかったのですが、その反面お渡し出来なかった方も多くいらっしゃいましたので、「もっとお持ちすれば良かった…」と、スタッフ一同心残りでした。次回はぜひ、もっとたくさんご用意して、皆様に行き渡るように準備しようと考えております。



■感染対策に関する、多彩な内容の講演

 メインプログラムである各講演では、まず日本感染管理支援協会の土井理事長より、「感染対策、滅菌供給業務で新人もベテランも重要なこと!!」と題した教育講演がなされ、日本の実践現場の意識と海外の動きとの違いについて貴重なお話を伺いました。

 次いで、天理よろづ相談所病院 感染管理認定看護師の北島氏ほか各メーカーの方々より、手術器械の汚染残存判定方法についての講座があり、午後からは海外学会視察というテーマで、京都府立医科大学附属病院 感染管理認定看護師の西内氏、日本感染管理支援協会の土井理事長より、それぞれ感染管理業務および滅菌供給業務について、APIC(米国感染管理・疫学専門家協会会議)、IAHCSMM(米国セントラルサービス学会)への視察についてお話いただきました。

 休憩を挟んだ後、招請講演としまして、カリフォルニア・パシフィック・メディカルセンター研究所 職員保健部 サッターウェイ湾地域マネジャー 医療界職業保健専門家協会前会長であるサンドラ・ドメスキー氏より、「今後の日本の医療機関に必要と思われる従業員保健の重要性とその業務内容」をテーマとした講演があり、この日のプログラムは終了となりました。

 この日は、一日を通じて、日本の現場と海外との違いについて知る機会がとても多くありました。特に、海外の取り組みについては日頃なかなか直接知る機会がありませんので、海外への視察などをまじえて具体的なお話を聴けたことは、非常に有意義でした。

 弊社でも、最新の情報をより積極的に取り入れて、様々な面から皆様のお役に立てるよう今後も努めて参ります。


topへ戻る