HOME > 展示会情報 > 2015年 メディカル事業部 展示会予定 > メディカル事業部 セミナー・展示会レポート一覧 > 第5回 東予感染対策セミナー

展示会情報

第5回 東予感染対策セミナー

 2015年8月29日(土)、ホテルアジュール汐の丸にて開催されました「第5回 東予感染対策セミナー」へ、出展企業として参加いたしました。

 あいにくの雨にも関わらず、多くの方がご来場され、メディコムのブースへも、たくさんの方々に足を運んでいただきました。ご来場の皆様、誠に有難うございました。



■注目は、眼鏡が曇りにくい「アンチフォグマスク」と除菌効果の高い「ANIOSシリーズ」
 今回、メディコムのブースでは、サージカルマスクグローブキャップなどの個人防護具ほか、洗浄剤のANIOSシリーズなどを展示いたしました。

 どの会場でも必ず話題になる「ソフスキン タイオン アンチフォグ」は、メッシュのガードが呼気漏れを抑え、眼鏡の曇りを軽減するマスクです。

 普段から眼鏡を掛けていなくても、手術中のゴーグルやアイシールド着用の機会が多い医療関係者の方には、視界が妨げられないことが大きなメリットとしてご認識いただけるようです。
 意外に他社にない商品とのことで、ご好評をいただきました。
 高い洗浄・除菌性能でリピーターも多い「ANIOSシリーズ」は、特に自動洗浄機やウォッシャーディスインフェクターのほか、超音波・浸漬洗浄にも幅広く使用可能な「アニオザイム シナジーファイブ」と、浸漬洗浄のできない器具や環境表面を、清拭で除菌する「ワイプアニオス プレミアム」など汎用性の高い商品に興味が集まりました。
 特長や成分についてなど、内容の濃いご質問を多数いただき、関心度の高さを感じることができました。

■現場での取り組みを紹介する特別講演

 この日は、2件の特別講演を拝聴することができました。
 新潟市民病院 感染管理認定看護師 大﨑角栄氏による「自分の施設にあった環境整備を考えよう」では、自院のあらゆる個所で ATPふき取り検査を実施し、どの部分に汚れが多いかを実際にデータ化したものを用い、感染のリスクについて分かりやすく説明されていました。

 住友別子病院 感染管理認定看護師 藤井克匡氏による「環境整備の実際」では、病室での環境整備の基本的な考え方、具体的な清掃方法などが説明され、また病室以外での院内における感染対策について、Before/Afterで紹介されており、非常に改善点が分かりやすい内容でした。

 現場の実情に基づくお話はいずれも興味深く、メーカーとしてとても参考になる講演でした。

今後メディコムからも、洗浄業務・滅菌業務についての的確な情報をご提供することで、現場の感染管理に貢献してまいりたいと考えております。


topへ戻る