HOME > 感染管理関連情報 > MERSコロナウィルスに関する感染対策情報
  • 医療用滅菌包材
  • 正しいマスクの着用方法
  • 正しい手の洗い方
  • 正しい手指消毒の方法
  • “感染管対策ツール"
  • 新型インフルエンザ特集
  • MEDICOM
  • SAFETOUCH
  • DENTASEPT
  • ANIOS
  • SafeBasics
  • Vitals
  • Safe Gauze
  • SAFE+MASK
  • Distech
  • SAFE SEAL
  • Second Skin

  • ISO9001:2000

感染管理関連情報

MERSコロナウィルスに関する感染対策情報

 本年5月に韓国で発生した中東呼吸器症候群(MERS)の輸入症例については、医療機関内の院内感染対策の不徹底などにより、医療従事者・同じ病棟の患者・その家族への二次感染が多数発生していることが報道されています。
 この点を踏まえ、厚生労働省から各地方自治体へ、管内の医療機関における標準予防策および飛沫感染予防策の徹底についての協力が強く求められています。

 本ページでは、MERSコロナウィルスに関する知識と、院内感染を防止するための具体的な対策について、厚生労働省・国立感染症研究所などからの情報を元にご紹介してまいります。



参考:「韓国における中東呼吸器症候群(MERS)の発生について」(厚生労働省より)

MERSコロナウィルスとは

MERSコロナウィルスとは、中東呼吸器症候群(MERS)の原因となるウィルスです。
重症急性呼吸器症候群(SARS)の原因であるコロナウィルスと類似しており、潜伏期間は5~14日間と言われています。




MERSコロナウィルスの伝染経路

MERSコロナウィルスがどのようにして人に感染するか、まだ正確にはわかっていません。ヒトコブラクダが感染源動物の一つであるとされているほか、家族間・医療機関における患者間・患者‐医療従事者間など、濃厚接触者間での感染も報告されています。

厚生労働省では、感染対策上注意すべき点として、スタンダードプリコーション(標準予防策)飛沫感染予防策等を徹底するようにとしています。

参考:「中東呼吸器症候群(MERS)・鳥インフルエンザ(H7N9)に対する院内感染対策」(国立感染症研究所より)




スタンダードプリコーション(標準予防策)に基づく院内感染対策


「スタンダードプリコーション」とは…

「すべての人が伝播する病原体を保有している」という考えに基づく予防策です。 すべての患者の血液、および汗を除く体液、分泌物、排泄物、傷のある皮膚、粘膜などをすべて感染源とみなして予防策が講じられます。



手指衛生 医療スタッフおよび患者は、アルコールハンドジェルなどを用いた手指衛生を行う。
防護具 血液や体液と接触する危険がある場合、グローブエプロンマスクを着用する。
眼への飛散がある場合、眼の防護具(ゴーグル、アイシールド等)も着用する。
洗濯・廃棄 リネン等の洗濯・廃棄については、それぞれ適切な処理方法に基づいて行う。
環境衛生 除菌用クロススプレー・床用の除菌洗浄剤等により、日常的に環境表面の清拭・除菌を行う。



MERSの疑似症患者・確定患者に対して推奨される院内感染対策


感染予防策 外来患者:呼吸器衛生/咳エチケットを含むスタンダードプリコーションの徹底に加え、飛沫感染予防策を行う。
入院患者:湿性生体物質への曝露があるため、接触感染予防策を追加し、さらにエアロゾルの発生が考えられる場合(患者の気道吸引、気管内挿管の処置等)には、空気感染予防策を追加する。
病室の確保 入院に際しては、陰圧管理できる病室または換気の良好な個室を用意する。
個室が確保できず、複数の患者がいる場合は、同じ病室に集めて管理することを検討する。
患者の移動

医学的に必要な目的に限定し、移動させる場合は可能な限り患者にサージカルマスクを着用させる。

環境衛生

目に見える環境汚染に対して、除菌クロススプレー等で清拭・消毒する。

手が頻繁に触れる部位については、目に見える汚染がなくても清拭・消毒を行う。
洗濯 衣類やリネンの洗濯は、通常の感染性リネンの取扱に準ずる。



メディコムの院内感染対策製品

メディコムでは、さまざまな感染管理製品を医療機関様向けにご提供しています。
院内感染の対策に、ぜひお役立てください。

マスク アルコールジェル グローブ
     
環境衛生 個人防護具(PPE) 眼の防護具



参考資料:
  • 厚生労働省HP「中東呼吸器症候群(MERS)に関するQ&A
  • 厚生労働省通知「韓国における中東呼吸器症候群(MERS)の発生について
  • 国立感染症研究所HP「中東呼吸器症候群(MERS)・鳥インフルエンザ(H7N9)に対する院内感染対策

  • topへ戻る
    感染管理関連情報 topへ戻る