HOME > 新型インフルエンザ特集

新型インフルエンザ特集

■インフルエンザを知るためのキーワード

インフルエンザ・ウィルス 直径約1万分の1ミリのウィルス。大きくA型、B型、C型に分類される。
冬に人の間で流行するのはA型とB型。
H5N1型 鳥インフルエンザウィルスの一種で、致死率が高い高病原性のタイプ。人から人へ感染する新型への変異が懸念されている。
パンデミック 感染症の世界的大流行。新型インフルエンザの場合、ほとんどの人が免疫を持っていないため、世界中で大きな流行が起きるおそれがある。
タミフル 抗インフルエンザウィルス薬で、細胞内で増えたウィルスが外に出るのを防ぐ作用がある。
せきエチケット 感染の拡大を防ぐためのマナー。せきやくしゃみの際はハンカチなどで口と鼻を押さえる。マスクを着用。
WHO 世界保健機関。
健康を人間の基本的人権の一つと捉え、その達成を目的として設立された国際連合の専門機関(国連機関)。 鳥インフルエンザなどの感染症流行の情報もリアルタイムでウェブサイトから知ることができる。
SARS
(サーズ)
新型肺炎、重症急性呼吸器症候群(SARS=サーズ)。 新種のコロナウイルス。球形で直径が0.08~0.16マイクロメートル。バクテリアの約10分の1。 サーズ・ウイルスは、高齢者で高い致死率を示しており、発病には、感染者本人の免疫力が大きく左右していることが指摘されている。
鳥インフルエンザ
対応マスク
米国・国立労働安全衛生研究所 (NIOSH)認可品のN95と表示してある、 隙間の無いヘッドバンド型マスクを装着する事が重要。 世界保健機関(WHO)が鳥インフルエンザとSARSの感染予防のために推奨している。 通常のタイプのマスクでは目が粗く、四角いマスクは顔に密着できないためウィルスが進入し感染してしまう。 通常、ウィルス、バクテリア遮断率の表示に目がいきやすいが、 何重ものフィルターを持ち、顔に密閉するN95マスクを装着することが必須である。

topへ戻る